ビジネス関係

【あなたの一生は保証されているのか?】副業を今すぐにやるべき3つの理由

今すぐ副業をやるべき3つの理由

突然ですが、あなたの現在の仕事は一生続く、もしくは続けられるという確実な保証がありますか?仮に一生続けられる仕事だと仮定して、老後まで含めて満足な生活を送れる収入の保証がありますか?

もしもあなたの一生が保証されているものであれば、ここから先を読む必要はありません。

しかし、少しでも不安があるのであれば、今後の人生のためにもう少し読み進めてください。

副業を今すぐ始めるべき理由はほとんどの社会人に共通する問題なのです。

副業という選択肢

副業がマイナスイメージなのは笑える

「副業」という言葉を聞くと、多くの人はマイナスイメージだけを浮かべます。
人によってそのイメージの深さは違いますが
どうしても負の側面だけを考えてしまうのです。

しかし、専業主婦の人などが掛け持ちで複数の仕事をしていることには疑問を持ちません。

本業と別に収入源を確保するという
手段が「呼び方」によって大きくイメージが変わってしまうんですよね。

経済的な問題を解決する方法として仕事をすることに違いはないのに
イメージだけで働き方の選択肢を排除してしまう人が非常に多いのです。

こういった先入観が、自分自身の可能性と選択肢を狭くしてしまうことに繋がっているという事実に気付いていない人は沢山います。

だからこそ、今一度「副業」という考え方にしっかりと向き合う必要があるのです。

経済的不安を解消するための副業

例えばですが、本業以外に月に5万円の収入を
自分の力で生み出せる能力を持っていると、それだけで年収は60万円上がります。

差が生まれる

何も副業をしていない人と比べると
5年間あれば300万円、10年間であれば600万円という差が生まれます。

人生100年時代と言われはじめている一方で、賃金の上昇率や銀行預金の利率は雀の涙ほど。さらには年金問題や老後2000万円問題など、多くの人が経済的な問題を深層心理では感じているにも関わらず、表面的には「何とかなる」と考えてしまっています。

果たして本当に何とかなるのでしょうか?

政府の方針を見ると「自己責任」を限りなく推し進めているようにしか感じられません。

「経済的な不安の解消」これが1つ目の理由です。

自分でお金を稼ぐという意識

お金を稼ぐイメージをしよう

今後、多くの単純な労働は賃金の安い海外に流れていくことは明白です。
何故なら、企業がもっとも負担しなければいけない経費は「人件費」だからです。

つまり「雇われた状態で誰にでも出来る仕事」
今後の時代において社会上では重要視されません。

一口に「副業」という言葉で括っても、本業以外にアルバイトをすることも
副業であると言えますし
雇われた立場ではなく自分だけでお金を稼ぐ技術と知識を身につけることも
「副業」の1つの方法です。

この世の中には、自分でお金を稼いでる人は数多くいます。

その多くは、自分なりの方法でお金を稼ぐ方法を身に付けているのです。
自分でお金を稼ぐ技術と知識を
知ることができれば「時間」や「場所」に囚われることもなくなります。

「組織に依存せずにお金を稼ぐ技術の習得」これが2つ目の理由です。

専門技術の重要性

先に説明したように「誰にでも出来る仕事」の需要は今後も減る見込みが高いと言えます。

また「副業」として雇われた場合でも
技術や知識によって賃金に大きく差が開くでしょう。

しかし、ネットを中心とした「副業」では誰にでも出来る可能性がある上に再現性を持つものも多く存在しています。

また、時間的な対価ではなく、成果に対して報酬を得ることが出来ることから、専門的な知識を持てば持つほど時間に対する賃金は上昇していくのです。

同じ「商品」を売るという行為であってもスーパーや飲食店とインターネットでは、全く属性が違います。前者は時間に対する報酬であり、後者は成果に対しての報酬です。

副業という観点から見ると、本業と別に自営業を始めるにはあまりにも大きなお金とリスクが伴います。しかし、インターネットを利用した副業であれば、必要な資金が他業種に比べて圧倒的に低いことも特徴の1つです。

また、インターネットに関わると「専門性」を持った人たちが協力して1つの事業を作り出すことも出来ます。もちろん、そのためには「自分の得意な分野」を明確にする必要がありますが、誰でも最初は初心者なのです。

「他人より優れた部分を見つけて武器にする」これが3つ目の理由です。

明日クビになったらどうしますか?

この先どうすれば良いのか

現在、働き方改革が唱えられ、多くの人たちが「副業」に興味を持ち始めていますが、実際に行動出来る人はまだまだ少ない状態です。

もちろん、様々な理由はありますが、一番の原因は本業に「安心」を覚えているからではないでしょうか?

終身雇用という言葉が崩壊している現在において、この「安心」こそがもっとも大きいリスクだとも言えるのです。

もしも明日会社をクビになったらあなたは同じだけの収入を得る方法を考えられますか?

そんな現実は起こらないと思っている人の方が多いかもしれませんが、失業率は低下していても、非正規雇用者が増えているのが日本という国の現実です。

もちろん、本業を続けながら「副業」として取り組んでも良いですし、本業を超えて安定するのであれば、会社という組織に依存せずに起業することも可能になるでしょう。

0からお金を稼げる知識と技術は最終的に自分自身を助けることになるのです。