マイレージ

【マイル活用術】マイルを貯めてビジネス・ファーストクラスで優雅な旅を計画

ファーストクラス

ゆったりとベットようなシートで優雅に空の旅を満喫しませんか?

本記事では2019年10月時点で315,151マイルを獲得した
国内・海外含め旅行が大好きなSHOが極意を
お伝えします。

女性
女性

「マイルだとお金を払わずに旅が出来るんですね」

「マイルを効率的に貯める方法はないのかな?」

でもマイルは航空会社のサービスだから、飛行機に沢山乗らないと貯まらない…

SHO
SHO

それは大きな間違いです!

ほとんどの人は飛行機に乗る以外の方法でマイルを貯めているんですよ!

女性
女性
えぇ!そうなんですか?!
SHO
SHO

フライトで貯まるマイルはそんなに多くないです。

仕事で世界中を飛び回ったり、毎月海外旅行に行くような人でない限り飛行機の搭乗分だけで実用的なマイルを貯めるのは難しい。

だからこそ知っている人は必ず知っているであろうマイルを効率的に貯める方法をマイル初心者の人に向けておすすめの方法を解説!

来年からはビジネスやファーストクラスで旅行を楽しみましょう

 

どのマイレージプログラムがおすすめなのか?

航空会社は独自のマイレージプログラムを各社持っていますが、日本で有名なマイレージプログラムは以下の通りです。

  • ANA:ANAマイレージクラブ
  • JAL:JALマイレージバンク
  • デルタ航空:スカイマイル
  • ユナイテッド航空:マイレージプラス

特に人気が高いのは
・ANAマイレージクラブ
・JALマイレージバンク

 

ANAはスターアライアンス
(STAR ALLIANCE)という航空会社加盟数No1グループに所属しています。
JALはワンワールド(ONEWORLD)というグループです。

他にスカイチームなどありますが日本を起点と考えると使う航空会社はANAかJALのどちらかになるでしょう。

マイレージサービスは各社メリットデメリットがありますが、
「マイルを貯める」という観点で人気なのはANAマイレージクラブ

ANAのマイルはフライト以外でも
簡単に貯めることができるのです。

その反面ANAマイルを貯めても使いにくいと言われますが、使いにくいとはどういう事かも解説していきます。

 

マイルを貯めるのは何のため?

マイルを貯める人たちの事を陸マイラーと呼びますが、あなたが想定しているマイルの使い道はなんでしょうか?

マイルの使い道は以下の通りです。

  • ビジネスやファーストクラスの特典航空券をタダで手に入れて海外旅行
  • Tポイントや商品と交換など他社ポイントに交換して日常利用
  • ホテルのレストランなどで利用してちょっと贅沢してみる

 

他にも様々な用途が存在しますが、この中でもっともマイルの使い道として多くの人が目指しているのが
マイルを貯めて「特典航空券」を手に入れる事ですよね
マイルを使いタダで航空券を手に入れることが出来るのです。

それもエコノミーではなくビジネスクラスやファーストクラスの
現金で買うなら手の届かないような値段の特典航空券です。

ビジネスクラスという名前はついていますが、ビジネスで利用する人はいませんし出張のサラリーマンさんがビジネスクラスを使うことも殆どないでしょう。
個人旅行や家族でビジネスクラスとなればエコノミークラスの3倍は覚悟するレベル

でも無料でビジネスやファーストクラスが手に入る(特典航空券)ならいいですよね?

必要となるマイル数は多くなりますが、ビジネスやファーストクラスの特典航空券を手に入れられるだけのマイルを貯めることが出来るのであれば狙う価値はありです。

誰でも簡単に年間20万マイルぐらいを貯めることは可能なのです。
簡単とは言え、寝ているだけで勝手にマイルが湧いてくるわけではないので、「マイルを貯めたい!」「贅沢な旅行をしたい!」という情熱は必要です。

年間20万マイルを貯めればビジネスクラスやファーストクラスで
毎年個人旅行や家族で海外旅行に行くことが出来ます。

ANAのマイルが使いにくい理由

女性
女性
ここまでは分かりました!すごい魅力的です。でもANAのマイルが使いにくい理由はなんですか?
SHO
SHO
ANAのマイルが使いにくいと言われる原因は一番の魅力である「特典航空券」が入手しづらいんだ。

日本からの旅行先として一番人気ハワイのビジネスクラスは一つの飛行機で特典航空券は2名分の用意しかないと言われていて、旅程の復路ご搭乗日の355日前から予約が出来るのですが予約開始から10分で完売すると言われています。

女性
女性
ハワイってそんなに人気なんですか?!2名の用意だなんて少ないですね・・・
SHO
SHO
やはり航空会社もお金を出してくれる人を優先しますし、ハワイのような人気路線では特典航空券の数は限られてしまうのですね。
女性
女性
じゃあJALのマイレージの方がいいですか?
SHO
SHO
ANAはマイルが貯めやすいということで、ビジネスクラスの特典航空券を狙っている人も多い。

もしハワイ限定で絞るならANAよりJALのが特典航空券は取りやすいと言われているよ。ただし、ANAに比べてJALはマイルが溜まりにくいのでハワイ以外の色々な所に行きたいならANAをオススメするよ

意外と知らない裏技なのですが、ANA国際線デスクに電話するとWebでは出てこないような航空券を手配してくれます。
提携会社経由で発券もしていますので、発券手数料が2000円ほどかかりますが間違いなく電話で取ることをオススメします。

次はANAマイルのメリットである
「マイルを貯める方法」について見てみましょう。

 

ANAマイルを貯めるおすすめの方法

他の航空会社のマイレージに比べ、ANAマイルが貯めやすい理由は貯める方法が色々用意されているからです。

陸マイラー初心者の方でも気軽に取り組めそうな、ANAマイルを貯めるおすすめの方法を見ていきましょう。

ANAや提携会社の飛行機に乗ってフライトマイルを貯める

基本中の基本ですが、マイレージプログラムがどこの航空会社でもその航空会社か提携会社の飛行機に乗ることでマイルが貯まります。

私はタイにプレミアムエコノミーの往復で行きましたが、フライトで貯まったマイルは片道2,869マイルでした。往復で5,738マイル

約6,000マイルはどうでしょうか?
多いか少ないか・・・

タイフライトマイル

タイに往復30万近くするプレミアムエコノミーでフライトをしたのにも関わらずこの6,000マイルでは東京と大阪を往復する航空券も取れないのです。

東京から大阪まで片道でフライトするのがやっと。

ANA大阪往復

マイルを貯めるという目的以外で頻繁にフライトする機会があればいいのですが、マイルを貯めることだけ考えるとフライトで貯めるマイルは効率が良くありません。

これはANAでもJALでも同じことです。

飛行機に乗って貯まるマイルはおまけ程度

 

クレジットカードでANAマイルを貯める

ANA最強カード初心者マイラーが効率的にマイルを貯めるならまずクレジットカードです。
クレジットカードを作らなればスタートラインにも立てないでしょう。

ANAが提携しているクレジットカードは20数種類もあり普段のお買い物やネットでの決済をクレジットカードにすることでANAマイルを爆速で貯めることができます。

マイレージーカードとクレジットカード機能が一体となった物を「ANAカード」と呼びます。

既に何かしらのクレジットカードを持っていたり使っていて「ANAカード」を利用していないのであればすぐにでもANAカードに切り替えましょう。

普段の必ず出ていく支払いの物を極力ANAカード払いにして、家賃や光熱費、スマホ代など全ての固定費もANAカード払いにすることで、年間2〜3万マイルぐらい貯めることが出来ます。

ただ、一番迷う部分がANAカードは20数種類もありますので
年会費が安いものから高いものまであり、特典やサービスも多種多様です。

年会費が高くても効率よくANAマイルをガンガン貯めたいと思っている方のオススメは
「ANA VISAプラチナ プレミアムカード」です。
年会費は8万円ですがカード性能はANAマイル還元率が2%超えの最強カード

『クレジットカードの維持で年間8万円は払えない』という人は一つグレードが下の
「ANA VISA ワイドゴールドカード」がおすすめです。

還元率は若干下がりますが、それでも1.5%以上

コスパが良く利用者が一番多いクレジットカードではないでしょうか
プラチナカードと比べると年会費が安く一番安いもので9,500円です。

年会費とマイル還元率のバランスを比較した場合は、ワイドゴールドの方が断然お得です。

ANAカードには20種類以上が存在していますので他にもオススメのカードは沢山あります!
もし気になるかたは以下の記事をご覧ください。

マイラーにとってクレジットカードは必須
Shoはブラックカードを持ってるのに年齢制限でANAプラチナの審査に通りません(泣)

 

ポイントサイトを利用してANAマイルを貯める

もはやマイラーの常識
クレジットカードと並行して利用するべき物は「ポイントサイト

クレジットカードだけでは貯まるポイントも支払いに応じてなので、限界ラインが見えており現実的ではないのですが、ポイントサイトは限界がありません

ネットで「ANAマイル貯める方法」と検索すると、必ずポイントサイトの紹介記事がたくさんヒットするのではないでしょうか?

ポイントサイトにもいくつか種類がありますが、ANAマイルだけに絞って効率よくANAマイルを貯めることが出来る主なサイトは下記の通りです。

  • ハピタス
  • モッピー
  • ちょびリッチ
  • Gポイント
  • げん玉
  • すぐたま

 

アフィリエイトに近いものなのですが、基本的にはどのポイントサイトも広告主である企業から委託された広告が掲載されています。

その広告経由でサービスを利用したりお買い物したりすることで、ポイントを稼ぐことが出来るようになるのです。

例を出すと「Amazon」でお買い物するときに直接Amazonのサイトから購入せずにポイントサイト経由でAmazonから購入をすると0.5%~1%が貰えるという仕組みです。

しかし、Amazonで買い物をするといっても1%をコツコツ貯めるだけでは大したポイントにはなりません。

そこで、多くのマイラーが取り組んでいるのが「クレジットカードの発行」

ポイントサイトの広告経由でクレジットカードを新たに発行すると数千〜1万以上のポイントを一気に稼ぐことが可能!

基本的に1ポイント=1円の価値になるので結構なポイント数を貰えます。
ちょびリッチやげん玉だけ1ポイントあたりの価値が違います。

例えば「ANA JCBカード」をポイントサイト経由で発行するとして
どこ得」というサイトを利用して検索するとポイントサイトごとに獲得できるポイント数を比較することができるのです!

どこ得

「すぐたま」というポイントサイトが7500円分のポイントが獲得できるということで現在は上位ですね。

他にも「ハピタス」「ちょびリッチ」「モッピー」など複数のポイントサイトに登録をして、多くのポイントが貰えるところを利用するようにしています。

このすぐ得というサイトを利用して、ポイント還元が一番多いサイトを利用すれば効率的にポイントを貯めることが可能です。

ポイントサイトもキャンペーンを利用すると登録時にボーナスポイントがもらえるのでチェックしてみましょう。

当サイトからポイントサイトにご登録頂くと初回ボーナスの特典が付いています!

GetMoneyを経由すればANAワイドゴールドカード新規発行で1650マイル分をGET!

ポイントサイトでどのくらいANAマイルを貯められる?

SHOは隙間時間にすぐ出来るようなクレジットカードの登録やFXの口座開設などをしていますが、毎月3万ポイント前後は稼いでます。

クレジットカードも年会費無料だったり口座開設や資料請求など無料の物が多いので
キャンペーンなども活用すれば1ヶ月で10万ポイントも夢ではないですね。

私は3万ポイント平均で稼いでいますので、ANAマイルに交換すると21,000マイルです。
プラスして普段のクレジットカードの利用なども合わせるとこのようなマイルが貯まります。

ANAマイル

1年間続けると252,000ANAマイルなので、ファーストクラスとビジネスクラスの旅行が余裕で行けるマイルが貯まります。

これを達成すれば、毎年優雅な旅行を楽しめる幸せな旅が出来ます!

 

【まとめ】ビジネス・ファーストクラスの無料旅をする方法

ANAマイルを貯める方法はこの記事で紹介した以外にも存在します。

ただマイラーであればこの基本となる3点を押さえましょう。

  • 飛行機に乗ってフライトマイルを貯める
  • ANAカードで決済してマイルを貯める
  • ポイントサイトを活用してマイルを貯める

年間で貯めることのできるANAマイル数はフライトマイルで数千マイル、ANAカード決済で2〜3万マイル、ポイントサイトで10〜20万マイルほど

ANAマイルを貯める方法をもっともっと知りたい方は以下の記事もご覧ください。

ANAカードもこれから作る予定でしたらポイントサイトの活用と併用するとカード作成時に大量のANAマイルを貯めることも可能です。

詳しくは以下の記事をご参照ください。

全くのパソコン初心者が1年間で 年収3000万を稼ぎ出した 集客特化型アフィリエイトを学べるLINEマガジン

⬇︎LINEマガジン登録で今すぐ手に入る4大特典

●誰でもすぐに始める事ができる10万円稼ぐ驚愕のノウハウ

●初月から報酬が出せるライバル皆無のSNSアフィリエイト

●Youtubeよりも「圧倒的」に稼げる動画投稿アプリで荒稼ぎする方法

●ネットビジネス特化型!利益が倍増する節税マニュアル

※スクール形式ではなく3名のサポートからの徹底個別指導です。