ECサイトビジネス

【大きな誤解から生じる】ECビジネスを始めても上手くいかない人の特徴

ECビジネス

そもそもネットショップやECビジネスを始めようとしている人が最初に思いつくことは
「ネットでは何が売れるのか?」という事ではないでしょうか?

本とか家電は売れると思うけど、服とか靴はサイズが分からないし実際に着てみないと分からないから売れないと思う。

これは大きな誤解です。

この記事ではECビジネスを始めようとしている人や運営中の人に向けて
大きな誤解を紐解いていこうと思います。

リアル店舗で売れている物はネットショップでも販売出来る

僕でもできる!

そもそもネットで何が売れるの?と質問してくる人は
「ネットで売れるものとネットで売れないものがある」という認識ですよね。

ぶっちゃけリアル店舗で売れているものならネットでも全部売れます。

売れない商品なんて無くて、売れない売り方があるだけです。

今では少なくなりましたが
実際に商品を見ないと購入するのが不安っていう人っていますよね。

でも「実際に商品を見ないと買えない」っていう人だって
実際の店舗でパッケージだけ見て購入していることがありませんか?

特に信頼してるメーカーや人からお勧めされた物って確かめもせずに購入しますよね。

店舗でパッケージを見て購入するのとネットで購入する事の何が違うのでしょうか。
利便性も含めてネットの方が玄関先まで届けてくれるので良くないですか?

なのにネットを使うとなると未知の部分が多くて恐れを抱いてネットを特別視してしまい「やらない理由」を探したり逆にECビジネスを始めて上手くいかなかったら「売れると聞いたのに売れないじゃないか」と人のせいにしてしまう人が多くいるように思えます。

そんな考え方じゃ上手くいくわけありません(笑)

お客様がこれをくださいという一言は

  • 対面なら対面販売
  • 通販なら電話販売
  • ネットならネット販売

ネット販売は何も特別なことではありません。

こういった固定概念を取っ払って
自分の商売を広げたり深めたりする為に
どうすれば上手く活用できるかを考えることをオススメします。

ネットショップは全国から注文が入るから売れるという誤解

日本全国

次に良く聞かれるのがこの質問です。

「ネットショップを作成しましたが、どれくらいで売れるようになりますか?」

いや、分からないです。

と答えるのですが
「大体このくらいの品数と値段帯なら平均的にどれくらい売れるか分かりますよね?」
っていうやりとりになります。

この質問の本質は
ネットショップを出して商品を登録すれば勝手に売れると思ってる人です。
中には全国から注文がくるからかなり売れるんじゃないかと期待している場合も。

確かにネットには商圏の制約がないので、日本だけではなく世界中の人に
商品を販売することが可能です。

ただ、これは都合の良いように解釈しているだけで裏を返すと
「お客さんは世界中のお店を簡単に見比べられるということです」

例えば地方大会が無くなっていきなり全国大会(世界大会)になったとして
県大会優勝レベルのお店だとしても、全国大会で通用するレベルじゃなければお客さんから選んでもらうことは不可能なのです。

ちなみに全国レベルとは、どのくらいかと言うと
ネットショップを始めるのはたいてい一人で普段は会社員などの仕事をしながら
片手間でのスタートが多いでしょう。

そんな時に全国レベルのトップ店舗では何百人を超える規模で
専任スタッフが高いレベルでそれぞれの役割を分担して仕事をしています。

それに比べれば片手間でやっているレベルでは大した優位性もないですし、
自分のお店を選んでもらおうと言うのは自分本意すぎるかもしれません。

じゃあ今更ネットショップなんてやっても遅いじゃんと思うかもしれませんが
そうではありません。

同じ価格帯で同じ商品を扱っているお店があったとしても
売れるお店と売れないお店があります。

やり方(試行錯誤や価値提供)集客方法などでどんな競合でも大きく差をつけることは可能です。

そういった認識を持ってECビジネスに取り組んでいきましょう。

アナログ人間だからECビジネスは向いていない

アナログ

一番もったいない大きな誤解です。

「パソコンが得意じゃない人はECビジネスなんて向いていないですよね?」

そもそもECビジネスでうまくいく人はパソコンが得意な人ではなく
接客が上手な人の方が多いです。

接客上手な人は「最初はパソコンが苦手で大変だったけど、やっていくうちに覚えていった」という人は多いですが、
パソコンが得意なだけでECビジネスが上手くいった人はそう多くありません。

お客様の声に寄り添っているECサイトと綺麗なECサイトだけどお客様の声を無視しているサイトではお客様目線に寄り添っているサイトの方が断然売れます。

サラリーマンの人なら分かると思いますが、与えられた仕事が得意じゃないことでも
自分で必死に効率の良い方法などを探して取り組むと思います。

ECビジネスも得意不得意なんてありません。
その要領で取り組めば誰でもビジネスチャンスが転がっています。

ネットショップが作ったから注文を待つだけと言う誤解

待っていたら売れると思うな

ネットショップを運営していくときに準備として考えることは

  • コンセプト作り
  • 商品の選定
  • 売上目標の設定
  • ターゲットとなる年齢層の設定

この辺りではないでしょうか。

ただ、最初はそんなに深く考えすぎない方がいいでしょう。

というのも経験者ならいいですが、やったこともないことに対してあれこれ考えたり
数字が右肩上がりに伸びていく理想の計画を立ててもその通りになることは稀だからです。

なので完璧に準備しようとするあまり時間が経過してしまうくらいなら
計画より先にショップのオープンを優先するつもりで
「とりあえずやってみる。やりながら考える」精神が大事です。

最初はコンセプトや売上目標はざっくりで問題ないのです。

ネットショップの利点の一つに誰でも小さく始められることにあって、リアル店舗と違って大きな先行投資が必要ないので計画通りに売れなかったとしてもゲームオーバーすることがありません。

逆にゲームオーバーになるようなお金の使い方をしてはいけません。

ちなみにネットショップで上手くいっている会社の中には
「個人でオークションやフリマサイトで商品を売っていたら売上が伸びて会社にした」
「ブログに自作の製品を載せてたら欲しい人が続々と現れて量産するうちに商売になった」
という起業パターンも少なくないです。

そもそも事業計画なんて立てていなかったのです(笑)

難しく考えすぎずに一歩目を踏み出して小さく生んで大きく育てることが大事です。

最初は売れないと思っておいた方がいい

売れねーよ

昔に比べてEC業界の規模が大きくなり気軽にネットショップを出せるようになったとはいえ、初めてのショップ制作は結構な大仕事になると思います。

大変な故にショップをオープンさせた瞬間に「できた〜!」なんてなって燃え尽きてしまいあとは注文を待つだけになりがちです。
(特にショッピングモール型に出店した時にはそうなる人が多いです。)

期待したくなる気持ちは分かりますが、ショッピングモール型にしても独自サイトにしても基本的にネットショップというのは「無人島にお店を出したようなもの」です。

ネットの膨大な情報量の海の中で自分の小さなサイトに気付く人などいません。

だから立ち上げても売れない。言い換えると最初から売れない原因の筆頭が

「立ち上げたことに満足して、集客し忘れているから」

この事に気付き集客の大切さを意識していればきっと上手くいくでしょう。