スポンサーリンク

「不動産投資」投資に興味がある人でしたら

一度は不動産投資で稼いでみたいと考えたことがあるのではないでしょうか。

しかし大多数の人は不動産投資には、多くの初期費用が必要となるので諦めてしまいます。

 

ただし不動産投資の中でも、REIT(リート)であれば小口での投資が可能です。

つまり自分自身の所有しているお小遣い程度の少額資金でも稼ぐことができるのです。

しかも配当も株式と同じように得ることができますので、とても手軽で有利なものとなっています。

 

ここでは知っておいて損のないリートについてお伝えします。

 

REITとは?

REITとは?

REITとは、不動産投資のなかでも「不動産投資信託」のことをいいます。

 

不動産投資信託とは、自分自身で土地やマンションを購入して

賃貸収入を得るような従来から存在する不動産投資ではありません。

投資法人が投資家から資金を集めて、マンションや商業施設

オフィスビルなどを購入して賃貸料収入や不動産売収入を得て、投資家に分配する方法のことをいいます。

 

収入を得るための根本的な方法については従来の不動産投資と同じですが

実際に自分自身が不動産を購入する訳ではありませんので

手軽に始めることができる不動産投資といえるでしょう。

 

不動産を購入して運用する従来のシステムであれば、初期費用に莫大な金額が必要になりますが

REITであれば投資家が集まって運用しますから小口から始めることも十分可能です。

 

つまり不動産の運用自体は運用のプロである投資法人が行いますから、

不動産管理を日々行わねばならないという煩わしさもありません。

簡単にいえば投資をするだけで運用をプロに任せておくことができるというものですから

一般の投資信託と同じような仕組みになっています。

 

REITのメリット

REITのメリット

REITをこれから始めたいという人のために、メリットについてお伝えします。

 

REITは実際に不動産物件を購入するわけではありませんから、不動産投資としてのメリットに加えて

投資信託としてのメリットも得ることができるようになっています。

1、小口からでも不動産投資ができる

少額から投資できる

不動産投資のイメージでいえば、少なくとも数百万円くらいは必要になると考えてしまうのではないでしょうか。

小さなマンションを購入したとしてもそれぐらいの資金が必要で、さらに修繕費用なども必要になります。

 

現在、国内で販売されているリートの銘柄を見ると、数万円~数十万円で購入できるものもありますので

余剰資金だけで資産運用することができるのです。

 

2、分配金の利回りはわりと高い

分配金が高い

少ない資金で購入できるといってしまうと「儲からないのでは」と考えてしまいがちです。

今まで投資信託をしたことがある人のなかには、それほど儲からないイメージを持っているのかもしれません。

 

しかし投資法人が得た利益については、90%以上を分配金としていますし

実際の投資法人の分配金利回りを見てみますと、3%程度から高いところでは7%強のところまで存在します。

 

スポンサーリンク

3、不動産投資よりもはるかに換金しやすい

換金性が高い

実際の不動産投資では、少しずつ家賃収入を得たとしても

最終的に利益になるかどうかは所有している不動産を処分して現金化できるまでの期間まで分かりません。

不動産を売却しようと考えてから、少なくとも数カ月は必要になってきます。

 

しかしリートの場合では、自分自身が不動産を所有する訳ではありませんので

その都度、換金することができるのです。

 

REITのデメリット

REITのデメリット

REITのデメリットについてもお伝えしておきましょう。

実際の不動産投資よりもデメリットははるかに少ないといえますが、それでもデメリットは存在します。

 

1、投資法人が倒産する可能性

REITの倒産リスク

国内のリート法人はたくさんありますが、やはり一般企業ですから倒産リスクは存在します。

当然ながら、投資法人が倒産してしまうと、資金が無駄になってしまいます。

 

特に世界規模で起きる「リーマンショック」レベルの金融危機があると

どうしても強く影響を受けてしまうことになります。

事実、リート法人は2008年10月にニューシティ・レジデンス投資法人が経営破たんしています。

不動産取得の資金繰りがうまくいかなかったようです。

 

2、不動産投資のスキルは身につかない

不動産スキルが身につかない

従来の不動産投資をするには資金が不足しているからといってリートを始めたとしても

不動産投資のスキルが身につくわけではありません。

むしろ投資法人のお金を預けて運用してもらっているだけですから

資産運用としてのスキルもつきづらいといえるのです。

 

そのためもしリートを始めるのであれば

投資のことについては自分自身でしっかりと勉強して、スキルを高めていく必要があります。

 

3、分配金が少なくなったり、損をすることも

損をすることがある

自分自身は不動産を所有している訳ではないとしても、実際に投資会社が所有して運用しています。

そのためその不動産に何かあれば、分配金そのものに影響を受けるようなリスクも当然ながら存在します。

 

例えば地震や津波などに被災してしまった場合や老朽化して価値が下がってしまった場合には

分配金がかなり少なくなってしまうこともあるのです。

 

まとめ~REITは儲かる?

まとめ〜 REITは儲かる?

REITについて分かりやすくお伝えしました。

 

REITに今まで興味がなかった人であっても、知っておいて損はない知識ではないかと思います。

興味を持った人であれば、まずこの記事をしっかりと読んで役立てて頂きたいと思います。

 

REITにはリスクは存在しますが、従来の不動産投資と比べてデメリットははるかに小さいといえます。

少額でも利益を出すことは、それほど難しくないでしょう。

 

LINEマガジンはこちらから追加

LINEID:@psc5590g
スマホの方は1クリックで友達追加できます。

@を忘れずにお願いいたします!

スポンサーリンク
全くのパソコン初心者が1年間で 年収3000万を稼ぎ出した 「集客特化型アフィリエイト」
アイコン

アフィリエイトを始め、バイナリーオプション、FX、など
様々なビジネスや副業に手を出してきたけど成果が出ないそこのあなた。
年間収益1000万円を超えるトップアフィリエイターを
数十名輩出した、コンサルティングに参加しよう!

※スクール形式ではなく3名のサポートからの徹底個別指導です。

おすすめの記事