スポンサーリンク

みなさんの中にもpaypayの「100億円あげちゃうキャンペーン」に乗っかって

ビックカメラで買い物をしたという人は多いのではないでしょうか。

 

「100億円あげちゃうキャンペーン」とは、期間中にpaypay加盟店で支払いをした人に対して

20%相当のPayPayボーナス(ポイント)を付与するというもの。

2018年12月4日にキャンペーンが開始されましたが

わずか10日間で還元総額が100億円に達したために終了となってしまいました。

 

今回、この騒動に乗り遅れてしまった人もいるかもしれませんが

ひょっとすればまだチャンスはあるかもしれません。

 

そんなpaypayの「100億円あげちゃうキャンペーン」の感想や評判も踏まえて

今後どのような展開を見せるのか、予想していきましょう。

paypayの「100億円あげちゃうキャンペーン」とは何だったのか

paypay100億円キャンペーン

「○○pay」って増えましたね。知名度の低い

それほど知られていないものも含めると、かなり国内で使えるサービスは多くなりました。

特に我が国では海外と比べて電子決済が遅れていると指摘されていて

政府も普及に力を入れていることも弾みになっています。

 

楽天やアマゾン、LINEなどが電子決済サービスに参入し、国内でも活用する人が増えました。

これからさらに増えていくことは間違いありません。

 

その中で今回のpaypay「100億円あげちゃうキャンペーン」が開催されました。

paypayとは、paypay株式会社が運営する電子決済サービスですが

株主はソフトバンクとヤフーですから、ソフトバンクグループが運営していることが分かります。

 

過去もソフトバンクグループはこのようなキャンペーンをたびたび仕掛けては話題にしてきましたので

知名度を上げるための戦略であることは間違いありません。

 

今回のキャンペーンは、支払額の20%をポイントで還元し、さらに40回に1回は全額還元するというものでした。

実際、ネットで調べてみると、かなり多くの人が還元されたことに興奮している様子が分かります。

 

このキャンペーンは2019年3月までの期間のものでしたが

用意されている100億円が底を付いた時点で終了するということになっていました。

そしてなんとわずかキャンペーン開始から10日間で終了宣言されてしまったのです。

 

paypayの次回キャンペーンはいつ?

次のキャンペーンは?

100億円というかなり大きなキャンペーンでしたから、

このようなものはたびたび行われることはないだろうと考える人が多くいます。

しかしソフトバンクグループの孫正義氏は

このような戦略は過去にたびたび行っており

一定の効果も得ていることからまた改めて行うことになるのではないかと考えます。

 

そもそも100億円といっても、利用者数からするとそれほど大きな経費でもないことが分かります。

今回のキャンペーンでは、paypayの利用者を500万人獲得したと報じられており

500万人を獲得する経費に100億円投じたと考えると、1人頭でわずか2000円なのです。

 

paypayの公式サイトを見てみても

キャンペーン開始時点からポイント付与される総額を追加する可能性について言及されていました。

そのため、2019年3月のキャンペーン終了まで100億円が残っているとは、思っていなかったでしょう。

現在はそのタイミングを見計らっているのではないかと考えるのです。

 

なぜならポイント付与した100億円が、paypayには残されているからです。

このポイントの付与が2019年1月10日であることが分かっていますので

この辺りのタイミングになるのではないかと予想できるのです。

 

スポンサーリンク

paypayの利用は拡大する?

paypayの利用拡大は?

paypay「100億円あげちゃうキャンペーン」はご存知の通り、100億円をキャッシュバックしたり

現金値引きするようなものではありません。すべてポイントで還元するというものです。

 

つまりpaypayには、まだ100億円残されているということが分かります。

この100億円を獲得するために、paypayを取り扱う加盟店はこれからも増え続けていくでしょう。

 

これは一般にはあまり知られていないことですが

paypayに加盟して店舗で決済できるようにするための「導入費」「決済手数料」「入金手数料」については

現在のところすべて無料となっています。

つまり、店舗側にとっては何のリスクもなく、100億円キャンペーンの恩恵を受けることができるのです。

 

もちろん決済手数料などについては、今後2021年から有料に変更されることが決まっていますが

現時点で加盟しない理由はないでしょう。

 

そう考えると、今回のキャンペーンの目的は、加入者数を増やすということと共に

加盟店を拡大するということであったことは間違いありません。

今回の100億円分のポイントについては、2019年1月に付与されることが分かっています。

当然ながら、このポイントは加盟店しか使うことができませんからね。

 

しかも初期費用の負担が必要ありませんから

店舗にとってはクレジットカードを導入するよりもお手軽なのです。これは大きなメリットですね。

 

まとめ~キャンペーンはまだまだ続く

paypayまとめ

paypay「100億円あげちゃうキャンペーン」についてまとめてみました。

ビッグカメラなどでpaypay決済している姿が報じられるなど、注目を浴びたキャンペーンとなりました。

 

利用したユーザーの多くから、「タブレットが実質無料になった!」などという

全額還元されたという口コミ評判を見かけることができます。

 

わずか10日で終わってしまったキャンペーンですが

ソフトバンクグループはまさかこれで終わることはないでしょう。

そのためこれからもpaypayには注目し続ける必要があると考えています。

 

さらに相乗効果として、ほかの電子決済サービスでもキャンペーンが始まる可能性もあります。

いずれにしてもユーザーにとっては美味しい話ですから、うまく波に乗るようにしておかねばなりませんね。

 

LINEマガジンはこちらから追加

LINEID:@psc5590g
スマホの方は1クリックで友達追加できます。

@を忘れずにお願いいたします!

スポンサーリンク
全くのパソコン初心者が1年間で 年収3000万を稼ぎ出した 「集客特化型アフィリエイト」
アイコン

アフィリエイトを始め、バイナリーオプション、FX、など
様々なビジネスや副業に手を出してきたけど成果が出ないそこのあなた。
年間収益1000万円を超えるトップアフィリエイターを
数十名輩出した、コンサルティングに参加しよう!

※スクール形式ではなく3名のサポートからの徹底個別指導です。

おすすめの記事