スポンサーリンク

ビットコインを筆頭に、仮想通貨はかなりの種類、数にのぼります。

草コインも含めれば、 すでに数千あるといわれるほどになりました。

日常の買い物でビットコインを決済に使う店舗も増えたおかげで、仮想通貨の認知度はますます高まっています。

 

今回は、ビットコインに次いで有名な仮想通貨、イーサリアムについてお伝えします。

断トツ 1 位はビットコイン、2 位は?

bitcoin

仮想通貨といえば、「ビットコイン」が真っ先に頭に浮かぶと思います。

時価総額は断トツの 1 位です。

では、次ぐ時価総額 2 位の仮想通貨をご存知でしょうか。

現在は多少の差で「リップル」ですが、その座に長らくあったのが「イーサリアム」という 通貨です。

今でも TOP3 に入るイーサリアム。

ビットコインと共に 2 大通貨として、仮想通貨市場をけん引してきました。

実はこの 2 つ、同じ“仮想通貨”ではあるものの、違いがたくさんあります。

イーサリアムとビットコインの違いを理解することで

イーサリアムの知識が深まります ので、丁寧に説明していきます。

イーサリアムの理解を深めるービットコインとの違いから

理解を深める

仮想通貨の専門用語は、アルファベットが並び難しい言葉が多いです。

概念も複雑なので、 皆様には項目毎にできるだけわかりやすく説明します。

役割がまったく違う

仮想通貨には、それぞれに役割があります。

イーサリアムとビットコインとでは、役割に明らかな違いがあるのです。

まず、簡単な方から説明しましょう。ビットコインの役割は、決済システムとしての機能です。

世の中には、様々な通貨があります。

アメリカなら「ドル」、日本なら「円」、中国なら 「元(人民元)」というように

国が変われば通貨が変わるものです。

 

ビットコインは、世界共通の通貨として使われることが役割になっています。

イーサリアムは、アプリケーションを作成するためのプラットフォームとしての役割があります。

簡単にいうと、「イーサリアム」という名前のプラットフォームにあるブロックチ ェーンというものを利用して

新しい価値を生み出すものと認識してください。

後で詳しく解説します。

ブロックチェーンで非中央集権の仕組みである

技術面では、イーサリアムとビットコインは共通する面もあります。

どちらの通貨も「ブロックチェーン」という技術を使っていることです。

これは、「分散型台帳技術」とも言われています。

一気に専門的になった気がするかもしれませんが、意外と単純な話です。かみ砕いて説明しましょう。

仮想通貨では多くの取り引きがなされます。

その取引情報は“ブロック”に書き込みされるわけです。

そのブロックが“チェーン”のように時系列でつながっているイメー ジそのままが“ブロックチェーン”になります。

こうして膨大なデータが生成されますが、これらのデータは「P2P ネットワーク」が管理し ています。

P2P ネットワークは、ネットワーク上にある端末が自律的に管理しているもの です。

わかりやすくいうと、どこかに権限をまとめて人が管理しなくてもOKで

ネットワ ーク上にある端末が自分たちで管理できるという仕組みなのです。

まさに非中央集権の仕組みになっています。

ブロックチェーン技術は同じでも書き込み可能な情報は違う

イーサリアムとビットコインはいずれもブロックチェーンの技術を使っていますが

ブロ ックチェーンに書き込みができる情報は違います。

ビットコインのブロックチェーンには、誰が・誰に・何ビット・いつ・送ったなどという

“取引の記録”情報のみがシンプルに書き込まれます。

一方、イーサリアムのブロックチェーンには、取引の記録以外にも様々な情報を書き込める ようになっています。

イーサリアムのほうが、少し複雑な機能があるといえます。

例えば、 「A の条件を満たしたら、B を実行せよ」といったプログラムも書き込みができるのです。

そのため、ブロックチェーン上に新しいアプリケーションを作ることが可能になっています。

情報を書き込む“ブロック”生成スピードは全然違う

大量の情報を書き込むためには、ブロックもたくさん必要になります。

そのため、ブロックチェーンのブロックは次々と作られています。

実は、このブロックが作られる生成スピードはコインによって違うのです。

ビットコインは 約 10 分。

イーサリアムはなんと約 15 秒! 10 分と 15 秒とでは、単純にいうと 40 倍もスピードが違います。

イーサリアムのブロック のほうが、圧倒的に速く作られているのです。

マイニング方式 仮想通貨には独自の「マイニング」という考え方があります。

日本語でいうと採掘です。

仮想通貨は、日々の莫大な取引を記録しなければならず、取引台帳の作成が必要になります。

この取引台帳の作成を手伝うことでビットコインがもらえるのですが

その様がまさにビットコインを採掘しているようなイメージなのです。

通貨にはそれぞれに応じたマイニング方式がとられています。

ビットコインとイーサリアムは、現在のところいずれも「Proof Of Work(プルーフオブワーク)」という

方式を採用しています。

ただし、イーサリアムは「Proof Of Stake(プルーフオブステーク)」という

方式に変更される見通しが言われています。

プルーフオブステークのマイニング方式に変更されると、さらに効率的なマイニングができると予想されています。

発行数には上限があるものとないものがある

仮想通貨には発行の上限が決められているものと、上限がないものがあります。

ビットコインは上限があり、2100万です。

それに対し、今のところイーサリアムには上限がありません。これからも増えていく見込みです。

スポンサーリンク

イーサリアムをさらに詳しく

mining

これまでの説明で

イーサリアムはブロックチェーンを利用して非中央集権型のプラット ホームができることがわかりました。

イーサリアムについてもっと詳しくみていきましょう。

応用の期待大スマートコントラクト実装

イーサリアムでは「スマートコントラクト」という技術が利用できます。

そのまま訳すと、 スマートな契約です。

この意味は、イーサリアムではブロックチェーン上に、取引と一緒に 「契約」も記録できるということです。

要は、取引の結果だけでなく、契約内容自体を記録できるのです。

改ざんが難しいとされるブロックチェーンでは、契約内容も書き換えられることなく残ることになります。

このような契約の証明機能は、多分野に応用できるものとして期待されています。

分散型アプリケーション(Dapps)の構築

ブロックチェーンとスマートコントラクト等を使った

アプリケーションを「分散型アプリケーション(Dapps, Decentralized Apps)」と言います。

ネットワーク全体のコミュニティとサーバーとで共同管理されています。

分散型アプリケーションはオープンソースなので、誰でも過去のデータを確認することができます。

先ほどもお伝えしたとおり、改ざんが難しいので機能性は高いとされています。

しかし、一部は技術が未確立であり、効率性や安全性はまだまだ発展途上にあります。

そうはいっても

このイーサリアムを土台にして、色々なアプリケーションを構築できているのは確かな現実なのです。

世の中で多数のアプリが機能しているのをみると

イーサリアムに限らず仮想通貨の更なる発展と進歩を期待してしまうのは当然のことでしょう。

当サイトでは、今後も仮想通貨全体をウォッチし続けたいと思います。

 

LINEマガジンはこちらから追加

LINEID:@psc5590g
スマホの方は1クリックで友達追加できます。

@を忘れずにお願いいたします!

スポンサーリンク
全くのパソコン初心者が1年間で 年収3000万を稼ぎ出した 「集客特化型アフィリエイト」
アイコン

アフィリエイトを始め、バイナリーオプション、FX、など
様々なビジネスや副業に手を出してきたけど成果が出ないそこのあなた。
年間収益1000万円を超えるトップアフィリエイターを
数十名輩出した、コンサルティングに参加しよう!

※スクール形式ではなく3名のサポートからの徹底個別指導です。

おすすめの記事