「サラリーマンなんて奴隷だ・・・」

「社畜生活なんて、いつか抜けだしてやる!」

そのように感じている人がとても多くなりました。

 

しかし周りを見るとどうでしょう、本当にその奴隷の生活から抜け出した人はどれだけいるのでしょうか。

それほどいませんよね。

 

そうです、アメリカなどとは違い日本においては会社勤めが一般的であり

そこから起業しようという人はそれほど多くないのです。

 

ただしわたしはサラリーマンの経験はうまく活用すべきだと考えています。

それは立派な起業スキルになるからです。

 

 

 

サラリーマンは奴隷じゃない!

サラリーマンは奴隷じゃない!

 

一般的なサラリーマンであれば、1日に8時間労働し9時間拘束され、1週間に40時間労働します。

ただしこれはあくまで労働基準法上に則った労働時間であって

実際のところはもっと厳しいところが多くあります。

 

仮にブラック企業ではないとしても、サービス残業など当たり前で

朝早く出勤してから終電近くにまで働いているという人も少なくないでしょう。

 

「何のために働いているんだろう」

そんなことを思いながら働いている人も少なくありません。

 

しかし会社からは将来を期待され、家族の生活を背負い

毎日毎日ストレスと戦いながら仕事に出かけているのではないでしょうか。

 

そのような人たちから

「社畜から抜け出したい!」

と相談を受けることも少なくありません。

 

しかしわたしは思うんですね、

「サラリーマンは奴隷なんかじゃない」

と。

 

サラリーマンに必要なスキルは、サラリーマンでなければ学べないこともたくさんあります。

会社勤めをしていると、そのようなスキルについてはお金をもらって学ぶことができるのです。

 

もちろんあなたにとってやりたくもない仕事を任されているのかもしれません。

しかしそのようなことも、今後もし起業するのであれば必ず活きてくる経験なのです。

 

入社1年目であれば、社会人として必要なマナーやルールなどを丁寧に教えてもらえるでしょう。

ある程度会社に慣れてくれば、必要な営業スキル、コミュニケーションスキル、パソコンなど

覚えることができるでしょう。

 

会社には嫌な上司や難しい人間関係があるかもしれませんが

それらの経験も社会の荒波を乗り越えていくための力となるのです。

 

「サラリーマンは奴隷なんかじゃない」

うまく活用することで、あなたの人生は一変します。

ようは考え方なのです。

 

 

 

奴隷は雇っている方だと気付いたら勝ち!

奴隷は雇っている方だと気付いたら勝ち!

会社組織にいると、会社の利益のために働かなければならず

また今までの慣習に沿って業務を行わなければならないこともあります。

 

「こうすればもっと効率がいいのに」

そんなことを感じることは、日常茶飯時ではないですか?

 

業務について色々な提案をしていけば

「我が社に良い利益を与えてくれている」として役職を与えて貰えることもあるでしょう。

それでモチベーションを高めて頑張って働いている人も多いですが

その役職によって給料はどれぐらい上がりましたか?

 

額面で月1万円?

 

そのような経験を経て、

「どうせ頑張っても、それほど給料なんて上がらない」

と、モチベーションを下げてしまう人がいます。

 

そこでモチベーションを下げてしまうぐらいであれば

会社で学んだスキルを活かして更に給料のいいところに転職するか

起業する方が良いのではないかと考えています。

 

どれだけ世界が変わろうとも、これから劇的に給料が上がることなんてありません。

 

それは会社に足元を見られているとか、会社に利用されているとかという問題ではありません。

 

そもそも会社経営している経営者自身が、社会の奴隷となってしまっていることが多いのです。

サラリーマンは奴隷だと考えている人であれば、まずそこに気づいていただきたいと思います。

 

サラリーマンは辞めようと思えばいつでも辞めることができます。

しかし企業は一旦雇用してしまえば、どれだけボンクラな職員であったとしても

クビにすることは許されません。

 

しかも企業は、職員の社会保険の代金の半分を支払わなければなりません。

これは年間で言うと相当な金額になるのです。

 

要するに企業はからすれば、不平等な契約であるといえます。むしろ奴隷なのは企業の方なのです。

 

 

 

それでも脱社畜を目指す人に

それでも脱社畜を目指す人に

「会社を辞めたいけれども、起業するようなスキルがない」

「自分には能力がないから、今の会社に居続けるしかない」

そんな意見を聞くことがありますが、そんなことはありません。

 

私は常々ネットビジネスを推奨していますが、それはどんな人でも稼ぐことができる可能性があるからなのです。

 

近年では、サラリーマンの副業を認める企業が多くなりました。

就業規則において認めていない企業であっても

ネットビジネスであればバレないとして取り組んでいる人も少なくありません。

 

ネットビジネスの世界は、わざわざ実名で取り組む必要もないですし、顔出しする必要もありません。

 

会社で得たスキルや経験を活かして、日々ブログに記事を更新して広告収入を稼いでいる人がいます。

 

またせどりや物販ビジネスにおいて、会社から帰宅した後に取り組んで大きく稼いでいる人も少なくありません。

 

FX や仮想通貨など、投資のことを勉強して利益を出している人も多くいます。

 

ネットの世界はこのように、どれだけ時間がない人であってもうまく稼ぐことができる世界です。

稼ぐということ自体に自信を持つことができれば、すぐにでも独立して起業することができるのです。

 

「サラリーマンなんて奴隷だ!」

と嘆いている前にまずはこのように行動してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

まとめ~サラリーマンが嫌なら今すぐ辞めてしまえ!

まとめ

起業している人から見れば、サラリーマンはとても優遇されているように見えることがあります。

これは起業している人でなければ分かりません。

 

もちろん今勤めている会社がブラック企業であれば、無理に勤め続ける必要はありません。

今すぐ辞めるべきでしょう。

 

ただ、このような状態であっても辞めることができないという人が多すぎることに問題があるように思います。

 

サラリーマンは奴隷なんかじゃありません。うまく活用することで確実に成功することができるのです。

そのように考えを改めてみて、これからネットビジネスに取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

 

LINEマガジンはこちらから追加

LINEID:@psc5590g
スマホの方は1クリックで友達追加できます。

@を忘れずにお願いいたします!

全くのパソコン初心者が1年間で 年収3000万を稼ぎ出した 集客特化型アフィリエイトを「そのまま」学べるLINEマガジン
アイコン

⬇︎LINEマガジン登録で今すぐ手に入る4大特典

●誰でもすぐに始める事ができる10万円稼ぐ驚愕のノウハウ

●初月から報酬が出せるライバル皆無のSNSアフィリエイト

●Youtubeよりも「圧倒的」に稼げる動画投稿アプリで荒稼ぎする方法

●ネットビジネス特化型!利益が倍増する節税マニュアル

※スクール形式ではなく3名のサポートからの徹底個別指導です。

おすすめの記事