日本でも富裕層たちの間で「プライベートバンク」という言葉がよく話題になっています。

 

まとまった金融資産の運用や相続対策のためにプライベートバンクに興味がある方は増えています。

 

一体、プライベートバンクとは普通の銀行と何が違い、どんなサービスをしているのでしょうか?

 

今回は、今話題のプライベートバンクのサービス内容や利用するメリット、海外と国内の違いについて見ていきましょう。

プライベートバンクとは?

プライベートバンクとは?

プライベートバンクとは、銀行と証券会社(投資銀行)の機能を兼ね備えた金融機関です。

 

富裕層に世界の株式・債券の売買からヘッジファンドへの投資まで様々な投資の機会を提供しています。

 

バンク(銀行)という名前ですが、サービス内容は銀行よりも証券会社に近いです。

 

トップクラスの富裕層のために作られた金融機関であり、相続や事業継承などをサポートします。

 

一般の個人投資家向けではなく、いわゆる超富裕層のための金融機関と言っても過言ではありません。

 

元々、プライベートバンクは富裕層率が高いスイスで発祥して欧米で発展したサービスです。

 

資産額が一定以上ある超富裕層の顧客を対象に、

銀行・証券・信託・保険・不動産など、総合的な資産管理、資産運用のサービスを提供しています。

 

プライベートバンクのメリットは、世界中の株式・債券やヘッジファンドを含む商品をひとつの口座で管理できること。

 

プライベートバンクを開設すると顧客それそれに担当者(リレーションシップマネージャー)が付きます。

 

後は、担当者が運用方針に則って口座を自動的に管理してくれるのです。

 

日本の有名なプライベートバンクは、

三菱UFJモルガン・スタンレーPB証券、UBS銀行、クレディ・スイス銀行などが挙げられます。

 

気になるプライベートバンクの手数料は、

口座開設の最低預金ラインは1億円ですが、10億円以上でなければメリットはありません。

 

世界の名門プライベートバンクに口座開設する場合は最低預金額は10億円は必要です。

 

プライベートバンクのサービス内容は?

 プライベートバンクのサービス内容

 

プライベートバンクは、顧客へ世界の優良銘柄への株式投資と米国債などへの債券投資の提供、

顧客の資産を運用がメインのサービスです。

 

グローバルにビジネス展開している金融機関が多く、

商品知識や市場の状況、資産運用のノウハウや知識も豊富です。

 

プライベートバンクの担当者は、1人の顧客に対して

十分な時間をかけてカウンセリングをしたり、きめ細かいサポート体制があります。

 

スイスの主要なプライベートバンクは、

保有金融資産10億円以上の顧客に対して選りすぐりの商品やサービスを提供しています。

 

プライベートバンクの手数料は?

 

スイス系大手プライベートバンクの場合、預金に対して0.15~0.2%の管理手数料がかかります。

 

プライベートバンクを開設する際は、口座開設手数料、口座管理料などの手数料が必要です。

 

株式取引は売買金額の2%、債券は1.5%、ファンドの販売手数料は1.52%程度です。


プライベートバンクの場合、

カスタマイズされたサービスを長期的に維持するため証券会社よりも手数料は高く設定されています。

 

最近のネット証券では、

安い手数料で商品の取引が可能ですがプライベートバンクは専門性の高いサービス料金がプラスされているのです。

 

プライベートバンク5つのメリット

プライベートバンク5つのメリット

プライベートバンクを利用するとどんなメリットがあるのでしょうか?

 

ここからはプライベートバンク5つのメリットをご紹介しましょう。

厳格な会員制があるステータス系サービスの紹介

 

資産がある者だけが会員になれるステイタス系サービスがあります。

 

クレジットカードであればアメックスのクレジットカード、限定のコミュニティーやラウンジ、ゴルフ場などがあります。

 

プライベートバンクはステイタスを武器にして特別な待遇が受けられるサービスを提供します。

ビジネスマッチングによる事業成長のサポート

 

プライベートバンクは、顧客である経営者の資産が増やすために様々な事業バックアップをしてくれます。

 

大手金融機関系のプライベートバンクは、有利な条件で事業融資を引き出したり、第三者割当増資の手配をしてくれます。

 

銀行系、証券系、など金融機関が持つネットワークから最適なビジネスマッチングをサポートします。

 

プライベートの支援

 

プライベートバンクは富裕層の経営者が多く、子供の教育支援にも力を入れています。

 

例えば、富裕層の子供限定のサマースクール、留学先の情報提供、富裕層限定の英会話教師などの斡旋などがあります。

 

プライベートバンクは顧客からビジネス的な信頼関係だけでなく、プライベートに関わる丁寧なサポートも特徴です。

例えば、富裕層は相続税対策のために現地に10年以上住んでいる人も多く、海外生活のサポートも行います。

 

最先端の医療施設・富裕層限定の老人ホームの情報提供

 

富裕層は美容と健康に対するこだわりが強く、いつまでも若く健康で長生きしたいと考えています。

 

プライベートバンクは顧客に最先端医療施設の情報を提供したり、

顧客の家族が安心して過ごせるための高級老人ホームなどの情報提供も行います。

 

チャリティ活動のサポート

 

プライベートバンクは、顧客企業の社長に財団や基金の設立サポートをすることも大切です。

 

特に、海外の富裕層にとってはチャリティー活動(慈善活動)は影響力が大きく重要視しています。

 

富裕層が財団を設立するのは社会貢献のためですが、税金対策にもなり社会的評価に繋がるのです。

顧客と強い信頼関係を築き長期的な人生設計をサポートする

 

プライベートバンクは資産運用のお手伝いだけではなく、長期的な人生設計をサポートする存在です。

 

子供や孫への相続対策、老後資金や保険などの資金繰りの他にも、家庭環境を含めた人生設計もサポートします。

 

そのため、プライベートバンクの担当者は長期的な関係構築が続き、海外では世代を超えた付き合いになることもあります。

 

日本のプライベートバンクの場合は、馴れ合い関係を防ぐために営業担当者の異動が多いです。

 

顧客へ短期的な利益をもたらす提案が多く、まだまだ人生を設計する長期的なサポートは不十分と言えます。

 

海外でのプライベートバンクは営業担当者と顧客の関係性は強い信頼で結ばれているので長期的に続く傾向にあります。

 

注意点!銀行のプライベートバンクとの違いは?

 

本来のプライベートバンクは、銀行口座と証券(投資)口座を一体化して運用されます。

 

日本の銀行でも「プライベートバンク」としてサービスを提供していますが、証券会社の機能はありません。

 

つまり、日本の銀行が提供するプライベートバンクは

顧客に手数料率の高い外貨預金やファンドを販売するまでに留まります。

 

銀行は海外の株式や債券を取引を勧めてくれますが、

銀行と証券会社は別々に取り引きしなければなりません。

 

本来のプライベートバンクとは、銀行と証券会社(投資銀行)の機能を兼ね備えた金融機関です。

 

その点を間違えないように検討すべきです。

まとめ


今回は、今話題のプライベートバンクのサービス内容や利用するメリット、海外と国内の違いについて見ていきました。

 

プライベートバンクは、トップクラスの富裕層のために作られた金融機関であり、

相続や事業継承、プライベートもトータルサポートするサービスです。

 

超富裕層の方は見込み客としてサービスの案内が来ていて迷っているかもしれません。

 

今回ご紹介したメリットを考慮して、ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

 イギリスのプライベートバンク開設のお手伝いなどが可能です。

資産運用を考えている方はこちらからご連絡ください。

 

 

 
お問い合わせはこちら
 

全くのパソコン初心者が1年間で 年収3000万を稼ぎ出した 「集客特化型アフィリエイト」
LINE@はこちら

アフィリエイトを始め、バイナリーオプション、FX、など
様々なビジネスや副業に手を出してきたけど成果が出ないそこのあなた。
年間収益1000万円を超えるトップアフィリエイターを
数十名輩出した、コンサルティングに参加しよう!

※スクール形式ではなく3名のサポートからの徹底個別指導です。

おすすめの記事