FXで稼ぐための基礎知識と知っておくべきポイント

 

さまざまな投資先があるなかでも、FXは投資初心者であってもわかりやすいことから、

とても身近な存在となっています。

しかし、FXについての情報があまりに多く氾濫していることから、

新たにFXに興味を持って人々にとって必要な情報を効率よく収集するのは

かなり難しい状況となっているのも事実です。

以下では、FXについての基本的な知識から、

FXで稼ぐために知っておくべきポイントなどをご紹介していきますので、

上から目を通していくだけでFXについての知識を十分に得られるようになっています。

 

FXの基本>

 

FXは外国為替を対象として投資します。

トレーダーとなるには、任意のFX業者を選び、

口座を開設して運用したい金額をそこへ入金するだけです。

国内FX業者の場合、口座へと入金した金額に最大25倍を掛け合わせた金額分のトレードができるようになっており、ある通貨ペアがこの先に上がるのか下がるのかを予想してポジションを保有し、

そのポジションをあるタイミングで手放すことにより利益と損失のいずれかが確定する仕組みです。

 

FXが投資先として人気を集めている理由は、わかりやすさと参入のしやすさでしょう。

上を眺めただけでも、おそらく皆さまの多くがFXの概要を把握できたことだろうと思います。

運用資金として入金した金額のサイズに応じたボリュームの取引ができ、

チャートを眺めたりしながら上がるのか下がるのかを予想してベットするだけなのですから、

何も難しいことはありません。

しかも、自分が入金した金額以上に損をすることは基本的にありませんので、

ちょっとした投機として楽しむトレーダーも多くいます。

 

 

 

FXで稼ぐために気をつけるべきポイント>

 

FXは投資である以上、評価額が入金した金額を下回る元本割れしてしまうリスクがあります。

しかし、それを補って余りあるだけの稼ぎが得られるからこそ、

今日のFXの隆盛があるといえるでしょう。

 

FXで稼ぐためには、自分にできるだけ有利な取引環境を得る必要があります。

自分の取引環境が有利であるかどうかを判断するには、

スプレッドとスリッページについて見ていれば、適切な判断ができるようになります。

スプレッドとは

買値・売値の差のことです。

例えば、米ドルと日本円の通貨ペアを見たとき、

Bidが112.50、Askが112.51だった場合、

差分となる1銭がスプレッドとなります。

これはFX業者に支払う手数料そのものであり、

スプレッドが小さければ小さいほど取引コストが安くなりますので、

収支バランスに良い影響を及ぼします。

どのようなビジネスにおいてもコストが安くなれば採算性が向上するのですから、

FXであっても例外ではありません。

 

スリッページ

スリッページは注文を入れた際、

値が滑ることを指します。本来、あってはならないことなのですが、

FX業者が自分の利益を最大化するために、

トレーダーにとって不利な方向へと値が飛ぶようなシステムとしてしまっているのです。

スリッページ対策としては、指値・逆指値注文という値をあらかじめ

指定しながらの注文を使うようにすれば、たいぶ避けられるようになります。

 

そして、もっとも気をつけなければならないのが追証です。

FXでは口座に入金した残高が一定水準を下回ると、

残高がマイナスとならないように自動ロスカットが執行され、ポジションが整理されます。

しかし、世界的なアクシデントが生じたとき、値が大きく動き、

ロスカット機能が働かずに口座残高がマイナスとなってしまう可能性もあります。

過去には、リーマンショック時や東日本大震災発生時、スイス銀行の市場介入のタイミングによって予期せぬ追証の支払を求められた人が多くいました。

できるだけ市場にお金を放置しておかないよう、ポジションを整理していく慎重さも欠かせません。

 

 

 

FXで稼いでいくための手法は?>

 

FXで稼ぐためには、自分なりの手法を身につけたほうがいいでしょう。

なぜなら、ポジションの保有と処分において、

ルールがあるかどうかは一貫性のあるトレードの実現可否を決定づけるものなので、

安定した収支を継続して得ていくために大きく影響するためです。

FXで稼いでいく為の手法は?

 

 

 

では、具体的にどのような手法があるのかといえば、

スイングトレードやデイトレード、スキャルピングといったあたりがメジャーな取引手法といえます。

 

スイングトレードは中期的なトレード手法であり、

チャートの一つの波が終わる数日から1週間程度の期間、

保有したポジションをそのままとし、

波が終わりそうなタイミングを見て売却するという投資スタイルです。

 

デイトレード

デイトレードとは、そのネーミングの通り、1日のうちに売買決済を終了させる取引手法であり、

相場に生じる大きな値動きを狙うのに効果的な取引方法とされています。

市場にポジションを置き去りにしないので、

突発的に訪れるアクシデントによる思わぬ値動きを避けられるなど、

ディフェンス面の強さも高く評価されています。

 

スキャルピング

スキャルピングとは、数銭から数十銭というわずかな利幅を狙い、

1日に何度も取引を行って利益を積み重ねる超短期売買手法です。

この取引手法も市場への出し入れを頻繁におこなうことから、ディフェンス面にも優れているとされています。

目立った値動きがないときでも利益が得られますし、相場が小さなレンジを形成していることはとても多いため、かなり使える手法といえます。

 

以上のように、FXの取引手法は意識する時間軸によって異なるものがありますが、

それぞれの手法において、自分がポジションを保有して決済するのは

何を根拠とするのかも決めなければなりません。

移動平均線やMACD、一目均衡表など多様な分析ツールを用いながら、

“こうなったときにこうする”としておき、ルールに従った取引を継続していけば、

収支の安定が期待できるようになります。

 

 

AIを用いた自動売買プログラムも普及>

 

上でご紹介した取引手法について、難しそうに思っている人も少なくないでしょう。

そのような皆さまでも安心してトレードできるよう、

FX会社によっては自動売買プログラムが利用できるようになっています。

利用方法はFX会社によって異なりますが、多くの場合、成績の優秀なプログラムがランキング形式で紹介されており、そのなかから好きなものを選んで利用する流れとなります。

利用時のセッティングも直感的におこなえるため、

それさえ済ませれば、あとはマネージャーとして自動売買プログラムの成果の推移を見守るだけです。

 

自動売買プログラムを作っているのは、十分に実績を積み重ねてきたプログラマーばかりなので、安心して運用を任せることができます。

FX初心者でなくとも、客観的かつ一貫性あるトレードができるからと自動売買プログラムを利用している人は少なくありません。

また、働きながら投資したい人にとっても、自動売買プログラムはありがたい存在となってくるでしょう。

海外のFX会社を使う人は多い

<海外のFX会社を利用する日本人トレーダーは多い>

 

FX会社は国内企業も多くありますが、日本人でも海外のFX会社を利用することができます。

わざわざ海外の会社を利用する人などいないだろうと思うかもしれませんが、FXに限っては、国内FX会社から海外FX会社へと資金を移すトレーダーが後を絶たない状況となっています。

その理由は、海外のFX会社のほうが魅力的なトレード環境を用意しているためであり、国内のFX会社よりもずっと稼げる可能性があるからです。

 

上のほうで触れましたが、国内FX会社であれば最大レバレッジが25倍となっている一方、海外のFX会社であれば888倍というハイレバレッジの恩恵を受けられる先もあります。

つまり、口座へと入金した金額の888倍相当までのお金を動かしながらトレードできるわけですから、期待できる利益額がまったく異なってきます。

少額から億万長者となれるかもしれないFX本来の醍醐味を味わえるのです。

 

一部、ハイレバレッジによるトレードは危険だとの声も見聞きしますが、

実際にはまったくそのようなことはありません。

ポジションを取るためのレバレッジの高さと、証拠金維持率の計算方法は別物であるためです。

より正確に言うと、証拠金維持率さえ意識していれば、

ハイレバレッジで取引していても何の問題もありません。

リスクマネジメントさえできていれば、より大きな利益を狙う攻撃的なトレードができます。

 

 

 

<海外のFX会社を利用しても安心> 

海外のFX会社に口座を開設し、入金しても大丈夫かどうか心配になる人もいると思いますが、

結論からいえば、まったく心配は不要です。

ただし、海外にもいろいろな業者がありますので、口座開設する業者については事前に調べなくてはなりません。

もしも情報収集が面倒だと思えば、日本人トレーダーが多く利用している先に口座を開設するといいでしょう。

トラブルがないからこそ、多くの日本人が流入していると考えれば、より有利な環境で取引できる海外のFX会社を利用しない選択肢はありません。

 

また、海外のFX会社の場合には追証が存在しないのも、安心できるポイントといえます。

急な相場変動で口座残高がマイナスとなってしまったとき、国内FX会社であればそのマイナス分を追証として支払わなくてはなりませんが、海外FX会社の場合にはその会社が顧客であるトレーダーが計上したマイナス分を補てんしてくれますので、入金した証拠金以上に損をすることはありません。

 

国内FX業者に比べて、至れる尽くせりな感のある海外FX業者がこれほど充実したサービス内容としているのは、投資が古くから一般的なものだった海外の文化に由来するためです。

入金するだけでボーナスがもらえるなど、いろいろな特典も用意されていますので、

興味のある方は海外FX業者への口座開設も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

<まとめ>

FXで稼ぐには、自分に有利なトレード環境を手に入れることリスクマネジメントを徹底すること、の2点が欠かせません。

これらを前提とした上で、自分なりのトレード手法を確立し、収支を安定させられるように図っていくのがFXで稼ぐための王道といっても過言ではないでしょう。

デモトレードが体験できるようになっているFX会社も少なくありませんので、これから初めてFXにチャレンジしてみようと思う方は、まずデモトレードでFXを体感してみてください。

なぜ、FXが多くのトレーダーを虜としているのか、きっと実感できることでしょう。

 

 

僕の自動売買の実績をご覧になりたい方はこちらからどうぞ!

 

 
お問い合わせはこちら
 

 

全くのパソコン初心者が1年間で 年収3000万を稼ぎ出した 「集客特化型アフィリエイト」
LINE@はこちら

アフィリエイトを始め、バイナリーオプション、FX、など
様々なビジネスや副業に手を出してきたけど成果が出ないそこのあなた。
年間収益1000万円を超えるトップアフィリエイターを
数十名輩出した、コンサルティングに参加しよう!

※スクール形式ではなく3名のサポートからの徹底個別指導です。

おすすめの記事