こんばんは!

YUYAです(^^)

これは僕の知り合いがあるラジオ番組で聞いたお話です!

その物語は今でもはっきりと覚えているそうです。

なぜなら、

それがある意味、人生を変えた物語だったからです。

 

 

「青年」と「悪魔」の話

 

主人公は20歳の青年です。

青年はそのとき人生のすべてがうまくいっていなかった。

お金もないし、仕事もなかなか見つからない、

そのせいで恋もうまくいかないし、

楽しいことも何もない。

毎日がつまらなくて、うんざりしていました。

 

「ああ、このまま何もなくてぱっとしないままで、自分の人生は終わっていくのかな」

 

青年がそう思ってため息をついたとき、

どこからともなく悪魔が現れました。

 

悪魔はその青年にこう言ったそうです。

 

「お前の人生のうち、40年分をよこせ。

お前は若いから、この先何十年も生きる。

ひょっとしたら100歳まで生きるかもしれない。

そうしたら40年くらい俺にくれたもいいだろう?

そのかわり、一億円をお前にやろう。

それで残りの人生をおもしろおかしく暮らすっていうのはどうだ?」

 

青年は考えました。

 

「40年か。仮に僕が80歳まで生きるとして、そこから40年を引いたら40歳が僕の寿命ということか。

40歳で死ぬとしても、20年。

それだけあったら、引き換えにもらった一億円で、やりたいことが全部できる。

こんなつまらない人生を80年過ごすよりいいかもしれない」

 

そう思い悪魔の話に乗ったのです。

 

そして、青年はベッドに入って眠りにつきました。

 

翌朝。

起き上がりテーブルを見ると、なんとそこには一億円ががちゃんとあったのです。

悪魔の行ったことは本当だったのです。

青年は大喜びで踊りだしました。

 

「やった、やったぞ。あれは本当だったんだ!

僕はこの一億円で、これからやりたいことをやりつくすんだ!!」

 

そして、青年は晴れ晴れとした気持ちで、身支度を整えようと洗面台へ行きました。

そして鏡を見た瞬間、驚いて叫び声をあげました。

 

そこに映っていたのは、60歳の老人だったのです。

青年は60歳になっていたのです。

 

悪魔が青年から持っていったのは、40歳から80歳までの40年間ではなく、

20歳から60歳までの40年間だったのです。

 

青年はその場に崩れ落ち、泣き叫びました。

 

人生が40年間短くなるけれど、

これからの何十年かは手にした一億円で素晴らしい生活ができ、

思いす残すことなく人生の幕が閉じられると思っていたのに、

悪魔がこれからの40年間を持ち去ってしまったから、

青年に残されたのは60歳からの何十年間かの人生です。

 

同じ月日が残されているとしても、

若い時にしかできないことは60歳の青年にはもうできないのです。

 

一億円あったらどんなに楽しいかったかもしれない、

若い素晴らしい時代を悪魔はもっていってしまったのです。

 

こうなると知っていたら、

一億円と引き換えにする契約など結ばなかったでしょう。

悔やみましたが、もうどうにもできません。

 

とだいたいこんなお話です!

 

その話を聞いたとき僕はこう思いました。

 

「自分は60歳になったときにお金がいくらあったって、

青春時代を無駄にしてしまっては意味がない。

若い時にいろんな経験をすることは自分の財産になるんだし、

お金は自分が死んでしまったらもう意味がなくなるんだから、

先を惜しんで変に貯めたりはせず、どんどん自分に投資をして、自分のために使いたい。

そしてできたら人の役に立つことにも使いたい。」

 

 

価値観は人それぞれだとは思いますが、

あなたも目の前に悪魔が現れてこんな契約を持ち出す前に

「自分にとってのお金とはどういうものか」

ということに、目覚めて欲しいと思います!

 

長くなりましたが今日はこのくらいで終わります!

 

友だち追加

是非チャンネル登録お願いします^^

PS*AFチャンネル SHO & YUYA

気に入りましたらポチっとお願い致します!


ネットサービスランキング

おすすめの記事