こんばんは!

YUYAです。

 

今回は返報性の原理(法則)という人間の心理について紹介します。

 

世界の大半の文化には返報性の法則が働いています。

返報性の法則とは、相手に何かをしてもらったら、お返しをしなくてはいけないという心理のことであり

自分に親切にしてくれた人には、親切で返したくなるというやつです。

 

返報性の法則の働かせ方

返報性の原理はさまざまな場面で働きますが、最も実践的な例を3つ挙げると

まずは、贈り物をすることです。友達や上司などにプレゼントをあげる。

それによって自分が旅行に行ったときには、彼らにお土産を返さなくてはいけないという返報性が働きますよね。

日常の小さな場面でも、お菓子をあげるなどして贈り物をすることで相手の気持ちに返報性を働かせることができます。

 

次に、親切にするという方法です。

これはお金がかからずにでき、相手に親切にする。

これだけで、親切にされた相手に貸しを作ることになりますね。

 

最後に、時間です。

これは意外だと思われる方も多いかと思います。

しかしながらこの時間による返報性はよくセールスの世界で利用される方法であり、大半の人が一度は経験していることです。

時間の返報性を知っている営業担当はできる限り長く話をできるように努力する。

顧客は、忙しい営業の人の時間を長く取ってしまったのに、

自分が何も買わないのはあんまりではないかという心理が働き購入してしまうんですね。

 

 

返報性の注意点

返報性の法則が働かなくなる状況というものもあります。

それは、贈り物、親切などの返報性を引き起こすための行動が大きすぎる時。

人は、あまりにも大きい親切、贈り物などを受けるとそれを合理化をします。

自分はこういう待遇を受けて当然。相手に返す必要などない。

相手がこのように感じると返報性は働かなくなります。

相手が返せるレベルの贈り物にしておかないと返報性が台無し。

 

こういう人にはならないで欲しいですね。

 

世の中には、返報性の法則を完全に使いこなし利用している人間がいます。

そういった人間に返報性を働かせ、思ったように動いて貰おうと思っても難しい。

そういった人を見分ける方法がある。

・貸しを作りたがる

・借りは作らない。作ってもすぐに返せるもののみ

・人に気前よくふるまう

・親切などに疑いをかける

こういった特徴を持っている人を見かけたら注意しましょう。

 

返報性の法則は人間関係を円滑にする

ここまでの説明を聞くと、あらゆる親切に対し、

「自分をコントロールしようとしているのではないか?」

「何を企んでるんだ?」

などと疑り深くなってしまうかもしれませんが

 

返報性は従来人間関係を円滑に進めるために使われてきたもので、

相手を利用してやろうなどという気持ちで使っている人間は一部しかいません。

相手をコントロールしようという気持ちではなく、うまく人間関係を気づいていくためであれば、積極的に利用すべきです。

 

友だち追加

気に入りましたらポチっとお願い致します!


ネットサービスランキング

全くのパソコン初心者が1年間で 年収3000万を稼ぎ出した 「集客特化型アフィリエイト」
LINE@はこちら

アフィリエイトを始め、バイナリーオプション、FX、など
様々なビジネスや副業に手を出してきたけど成果が出ないそこのあなた。
年間収益1000万円を超えるトップアフィリエイターを
数十名輩出した、コンサルティングに参加しよう!

※スクール形式ではなく3名のサポートからの徹底個別指導です。

おすすめの記事