こんばんは!

 

YUYAです!

 

いつもブログをご覧になって頂きありがとうございます!!

 

今回は仮想通貨についての記事を簡単に書かせて頂こうかなと思います!

 

僕自身まだまだ勉強中の身ですが、これからどんどん世の中を変えていくであろう

この仕組みのことを知れば知るほどおもしろくなってきました!

 

現に仮想通貨で資産運用をして、

1000万以上を仮想通貨のみで稼ぎ出す事に成功しています!!!

 

↓↓↓

 

 

*画像が荒いですがご了承ください。

 

暗号通貨とは?

特に今年からはテレビでもよく取り上げられるようになりましたね。
お正月くらいに池上彰さんの番組でも紹介されていたように記憶しています。

日本ではイメージしやすい名称として「仮想通貨」という名前が浸透していますが、
海外では暗号通貨(クリプトカレンシー)と呼ばれています。

暗号通貨は一説では世界に2000種類以上もありますが、
やはり代表的なものとしては

ビットコイン
イーサリアム
リップル

が挙げられます。

ビットコインは暗号通貨のパイオニアとして2009年に運用が開始され、

今現在ダントツで市場規模の1位となっています。

イーサリアムもここ半年で大きく価値を上げ、一時期はリリース時の70倍にまで増加!!
これにより多くの億万長者が世に出現しました!

 

目に見えないお金ではあるのですが、

簡単にいうと需要と供給の差でそのコインの価値が決まります。

 

その中でも暗号通貨の特徴や魅力として
ブロックチェーンと呼ばれるものがあります。

 

ブロックチェーンとは?

日本語でそのまま読むとクサリのカタマリ。いやカタマリのクサリ。
なんだかセキュリティのようなものが頑丈なんだろうなという印象を受けます

 

(実際頑丈だとは思います)

 

ブロックとは、ある一定の時間内に行われた取引のデータを1つのカタマリのようにまとめたもので、
約10分で1つ、新しいブロックが作られていきます。

 

そのブロックがどんどん追加されていくことで

クサリのようにつながっていくように見えるので

ブロックチェーンと呼ばれています。

ブロックチェーンの特徴は、分散されていて、

中心となるデータベースが存在しないことです。

 

 

もう少し簡単に言いますと、
「取引データの管理者がいない」ということになります。

 

それってなんか怖くない??という気がしますね。

 

今現在の仕組みは、中央集権型システムと呼ばれていて、各取引の中心となる機関が
巨大なコンピューターシステムで管理しています。

 

誰かに管理してもらうことは安全なようにも思えますが、
管理者によるデータの改ざん等の不正があった場合は外部からはわからないですし、ハッカーによる攻撃で機密情報や個人情報の流出などなど、あまりよくないニュースをちらほら見かけます。

 

そこをブロックチェーンはそういった

不正がものすごくされにくい仕組みとなっています。

 

なぜかというと
取引データの管理者がいない代わりに、

特定のサーバーに書き込まれてネット上に保管されます。

 

つまり
すべての利用者が取引のデータを確認することができます。

 

たくさんの人がデータを共有することになるため、不正がされにくいとされています。
こうした特徴から分散型台帳とも呼ばれています。

 

他にもまだまだメリットはありますし、
暗号通貨とブロックチェーン等により今後どのようなことが可能になるのかは
またそのうちブログで書いていこうと思います。

 

 

 

 

僕自身最初の種銭は120万と多くはない金額から始めたのですが、

ゴールデンウィークにもう凄い勢いで価格が上昇し

 

自分でも驚くほどの資産を手に入れました。

 

 

仮想通貨に出会ってから2ヶ月ほどではありますが、

まさかこんなに早く1000万以上の資産を構築できるとは

夢にも思っていませんでした。

 

 

 

次は億を目指してしっかりとした資産運用に取り組んでいきたいですね!

 

 

その為にもアフィリエイト、せどりでしっかりと投資資金を作って

 

 

毎月投資して今年中に

資産5000万越えを目指します!!!

 

 

友だち追加

気に入りましたらポチっとお願い致します!


ネットサービスランキング

 

全くのパソコン初心者が1年間で 年収3000万を稼ぎ出した 「集客特化型アフィリエイト」
LINE@はこちら

アフィリエイトを始め、バイナリーオプション、FX、など
様々なビジネスや副業に手を出してきたけど成果が出ないそこのあなた。
年間収益1000万円を超えるトップアフィリエイターを
数十名輩出した、コンサルティングに参加しよう!

※スクール形式ではなく3名のサポートからの徹底個別指導です。

おすすめの記事