ビジネス関係

【心配するだけ無駄】副業アフィリエイトに失敗がない3つの理由

アフィリエイトが失敗しない3つの理由

副業アフィリエイトをやってみようと考えている人の多くは、まだ始めてもいないのに「失敗」のことばかりを心配してしまいます。

  • 時間をかけて記事を書いた結果、商品が売れなかったらどうしよう…
  • サーバー代金やドメイン代金も稼げなかったら時間が無駄になるかも…
  • 自分が取り組みたいジャンルやテーマは難しそうだ…

いろいろな考え方はありますが、結論から言えば「アフィリエイト」に取り組む時に心配をするという行為は無駄でしかありません。

これには具体的な理由があり、アフィリエイトに取り組む上で勉強することは何もアフィリエイトという分野だけに限られた知識ではないからです。

アフィリエイトに失敗がない3つの理由

成功する理由

アフィリエイトを副業として取り組むとなると、様々なことを学習することになります。

  1. サイト・ブログの構築方法、基本的な操作などを覚えられる
  2. ジャンルやテーマを考える時にキーワードの概念を覚えられる
  3. 記事を書く時にWebライティングを覚えられる

ここでは、かなり大きく3つに分けましたが、上記3種類の技術はアフィリエイターだけのものではありません。これらの技術や知識は「単体」で考えた時にも副業に出来るような要素があるのです。

Web事業に関わる副業は近年注目されている分野の1つですが

「アフィリエイトを始めたいけどやり方が分からない」

「ブログを始めたいけど、記事を書く時間が取れない」

こういった人が沢山いるのも事実です。

他の人が「出来ない」「分からない」ということが、自分には「出来る」「分かる」ことであれば、これは充分に副業として成立させることが出来ます。

例えば、アフィリエイトブログを1年間自分だけで勉強しながら、1日1記事ずつゆっくりと更新していくだけでも1年後には365記事の経験値があるわけです。

365記事の平均文字数が仮に2000文字であれば・・・

なんと730,000文字にもなります。

これだけの記事をしっかりと書き続ければ、Webライティングに関わる基礎部分はほとんど覚えることが可能です。つまり、副業でライター活動をすることも出来るようになっています。

もちろん基本的なタイピングなどの速度も早くなっていますから、自分のブログを続けながら副業ライターとなることも出来ますよね。

【集客】に繋がるスキルは仕事に出来る

集客の大切さ

どんな職種にも当てはまりますが、ビジネスにおいて「集客出来る」というスキルは非常に重要です。何を売るか?ということにアイディアを見い出す人もいますが、最終的には集客出来ないとビジネスが成り立ちません。

だからこそ大企業であっても多くの広告宣伝費を使いますし、TV番組の間にはCMがここぞとばかりに流れているのです。

Webの世界ではユーザーが直接「意図」を持ってサイトやブログを訪れます。嫌なものは見ないですし、見たいものだけを見るのがWeb世界の自由さです。

そして、ユーザーとWebメディアを繋いでいるものは「検索エンジン」「SNS」などの大きなマーケットです。アフィリエイトをする過程において、これらに対する「マーケティング」という意識は、必ず重要な要素になります。

このマーケティングにおいて苦戦することも実際にはあるのですが、副業でアフィリエイトをするとマーケティング手法を1からしっかりと学ぶことが出来ます。

  • お店の建て方(サイト・ブログの作り方)
  • 顧客の要望と心理(キーワードや検索意図によるニーズの把握)
  • お客さんに合わせた営業方法(Webライティングによる心理的誘導)

くわえて、お店の建てられない人には「Webサイト制作」、顧客の心理が掴みにくいという人には「SEO対策とディレクション」、成約しにくい人には「Webライティング」を提供することも出来るのです。

唯一大切なことは、同じ失敗を何度も繰り返さないように、自分が使ってきた手法をサンプルとして覚えておくことだけです。

よく、TOPアフィリエイターと呼ばれる人達に言われる言葉ですが「アフィリエイトで稼げる人はほとんどの仕事で成功する」というものがあります。

アフィリエイトにはそのくらい「ビジネスマーケティング」という考え方において重要なポイントが集約されているという意味で解釈すると分かりやすいでしょうか?

失敗の定義を履き違えないことが大切

失敗の定義を間違えるな

アフィリエイトを始めるにあたって、サイトで成果が出なかったというのは、1つの結果であって「失敗」ではありません。

そもそも全員が1サイト目からいきなり成功するのであれば、みんなアフィリエイトだけで生活してしまいますよね(笑)

重要なことは、成果が出なかった原因や過程をしっかりと分析して、そこからどういった方法を考えるか?という所にあります。Webの世界ではよく使われる「インプット」と「アウトプット」の繰り返しという概念です。

唯一失敗だと言えるとすれば、成果が出なかったことに対して何も”学び”を得ていない状態だと言えるかもしれません。